医療機器・技術の最新情報提供毎週月曜

(C)コピー等による契約者様以外
への提供は固くお断りいたします。

MEジャーナル
Medical Equipments,Devices and Electronics
初めてのお客様 無断複写・転送・転載はお断り
医薬品「値決め」の掟
12年度薬価制度改革から見た業界未来像
著書 :井高 恭彦
発行日 :2012年4月
価格 :525円
新薬創出加算と医薬品業界
仕組みと影響の解明
製薬企業、医薬品卸のみならず、医療関係者に携わる全ての関係者必読の書。
著書 :井高 恭彦
発行日 :2010年3月
価格 :1,575円
薬新カフェ
Topics2018.04.16
■高度肥満症の減量手術は糖尿病にも有効
 専門外科医の笠間氏が「国民への周知」を訴える
笠間和典氏笠間和典氏  高度肥満症の減量手術が2型糖尿病治療に絶大な効果を発揮するとの認識が、医学界で定着しつつある。...続きを見る
■JIRA小松会長 地域包括ケアで個別化医療への貢献を
 日本画像医療システム工業会の小松研一会長は4月13日、横浜市で3日間の日程で開かれた国際医用画像総合展に合わせて記者会見を開き、可能な限り住み慣れた地域で、人生の最後を迎える地域包括ケアシステムのポイントは、「個々人への最適な医療の提供」との認識を示した。...
■GEHC・Jが本社直轄 高齢化での課題解決策発信へ
 GEヘルスケア・ジャパンの多田壮一郎社長兼CEOは4月11日、同社の2018年成長戦略発表会で、「シェアを取るのではなく、パートナーとともに新しい市場を創るプレーヤーを目指したい」と抱負を述べた。...
■JIRA鍵谷氏 画像診断の被ばく管理元年と評価
 JIRA・経済部会の鍵谷昭典部会長は4月13日、ITEM2018記者会見で、2018年度診療報酬改定を総括し、「画像診断管理加算3」で、被ばく線量管理の実施が義務付けられたことについて、“線量管理元年”との見方を示した。...
■財政審 保険収載は経済性・HTA踏まえた仕組みに
 財務省は4月11日、財政制度等審議会・財政制度分科会を開き、新たな医薬品・医療技術の保険収載のあり方について、「安全性・有効性に加えて経済性・費用対効果を踏まえて公的保険での対応の在り方を決める仕組みとしていくべき」と提言した。...
■厚労省 薬機法改正議論をキックオフ
 厚生科学審議会は4月11日、医薬品医療機器制度部会を開き、施行5年を経過する、医薬品医療機器等法の見直しに向けた議論を開始した。...
■オリンパス 米社から結石破砕装置の資産購入
 オリンパスは4月10日、グループ会社を通じて、米Cybersonics社から、尿路結石治療機器2製品の資産を購入することで最終契約を締結したと発表した。...
2015.09.25New
「大型医療機器の診療報酬のあるべき診療報酬の姿」を発刊いたしました。
2015.05.11
6月18日(木)第2回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催します。
2014.09.11
10月16日(木)第1回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催します。
2012.04.27
『WEB-MOOK医薬品「値決め」の掟』が発売
2010.09.06
医療機器や医療技術を中心に情報発信するMEジャーナルWEBサイトがスタート
2010.03.05
井高 恭彦著書の『新薬創出加算と医薬品業界 仕組みと影響を解明』が発売
医療機器・技術の専門情報MEジャーナル Copyright(C)2010 Yakushin Co.,Ltd.All right reserved.