医療機器・技術の最新情報提供毎週月曜

(C)コピー等による契約者様以外
への提供は固くお断りいたします。

MEジャーナル
Medical Equipments,Devices and Electronics
初めてのお客様 無断複写・転送・転載はお断り
医薬品「値決め」の掟
12年度薬価制度改革から見た業界未来像
著書 :井高 恭彦
発行日 :2012年4月
価格 :525円
新薬創出加算と医薬品業界
仕組みと影響の解明
製薬企業、医薬品卸のみならず、医療関係者に携わる全ての関係者必読の書。
著書 :井高 恭彦
発行日 :2010年3月
価格 :1,575円
薬新カフェ
Topics2017.09.19
■置き換わり品の改良評価 「機能区分特例」活用の方向
 材料部会で診療側、支払側が同調
健保連・幸野理事健保連・幸野理事  中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は9月13日、次期制度改革で盛り込むイノベーション評価について審議し、既存品からの“置き換わり”が想定される改良した新規品の評価について、「機能区分の特例」などを活用していく方向で議論が進んだ。...続きを見る
■長期埋植品の再評価 新規収載時に対象になるか判断
 厚生労働省は9月13日、中医協・保険医療材料専門部会に、生体吸収性冠動脈ステントなど、長期間、体内に埋設する医療機器を再評価する新たな制度について、「再評価の対象とするか否かは、新規収載時に判断することが妥当」との論点を示した。...
■費用対効果の試行 直近2回の過去調査参考の方向
 中央社会保険医療協議会・費用対効果評価専門部会は9月13日、試行的導入の制度設計について議論し、過去に実施した4つの支払意思額調査のうち、直近2回分を参考とする意見が相次いだ。...
■29日に機器部会 2品目を審議
 薬事・食品衛生審議会「医療機器・体外診断薬部会」は9月29日、医療機器2製品の製造販売承認の可否について審議する。...
■厚労省 高度管理機器の認証基準策定計画を公表
 厚生労働省はこのほど、2017年度の「高度管理医療機器の認証基準の策定計画」を取りまとめた。...
【短信】ICT活用した死亡診断書の交付でGL
 厚生労働省医政局は9月12日、医師が、テレビ電話などの情報通信技術(ICT)を活用して、患者の死亡を確認し、死亡診断書を交付できる要件などを定めたガイドラインを公表した。...
2015.09.25New
「大型医療機器の診療報酬のあるべき診療報酬の姿」を発刊いたしました。
2015.05.11
6月18日(木)第2回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催します。
2014.09.11
10月16日(木)第1回 製薬ビジネス活性化セミナーをTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで開催します。
2012.04.27
『WEB-MOOK医薬品「値決め」の掟』が発売
2010.09.06
医療機器や医療技術を中心に情報発信するMEジャーナルWEBサイトがスタート
2010.03.05
井高 恭彦著書の『新薬創出加算と医薬品業界 仕組みと影響を解明』が発売
医療機器・技術の専門情報MEジャーナル Copyright(C)2010 Yakushin Co.,Ltd.All right reserved.